77.カテンゲッチ(ハナランマンの08)

【馬名】 カテンゲッチ
【馬名の由来】 「花天月地」。空には花が咲き誇り、月光がくまなく地上を照らす。陽春のころの月夜の景色のこと。母名より連想。(日本語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 スズカマンボ
【母】 ハナランマン (母父 サクラユタカオー )
【生年月日】 2008年4月7日 生まれ
【生産牧場】 白老F
【募集価格】 1,200 万円(一口価格 3 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 小さめの頭部に、やや高めの首差し、流線型を描く胴から続く丸みのある尻のつくりなど、潜在能力の高さで天皇賞を制した父によく似た馬体です。角度の良い繋や飛節が生み出すクッション性の高さも特筆でき、手先の軽いバネの利いたフットワークはグループの中でも抜群で、瞬発力に富んだ競走馬に育ってくれるはずです。男勝りの強い悍性を持つ母の産駒だけあって、本馬も闘争心を表に出す勝ち気な気性ですが、賢くスタッフとのコミュニケーションも上手なだけに、緩急のある中距離を得意にして豪脚を披露してくれることでしょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1995 生まれ、本馬は 13 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 18 戦 3 勝、地方1戦0勝
【母の馬場・距離適性】 芝中距離
【母のデビュー時期】 3歳5月
【母の引退時期】 1999/9/25 (引退年齢 4 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 実質の初仔が死亡しているので不明
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 不明
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "02年死亡、
初仔デザートフラワー(父バチアー、牝)は、2歳7月デビュー、芝短−中距離、ダート短距離、5戦0勝、地方18戦1勝(引退)、
04年流産、
05年早死産、
06年早期流産。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "ここまでお産が悪い繁殖も珍しいですね。
この繁殖の場合、現役時代のダメージをかなり残している可能性ももちろんありますが、一方で、単にお産が悪いだけという可能性もあります。
後者であった場合には、突然ポコッと活躍馬を出すってのがよくあるんですよね。(これホントに多いんですよね)
特に少しお産が空いたりした翌年とか、お産が軌道にのってきてからとかが要注意で、本馬もチェックしておいた方が良いですね。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× プリンスリーギフト 系
【同系の主な活躍馬】 ダイタクリーヴァ、ダイタクバートラム、ビッグサンデー、マイネレーツェル
【本馬の5代クロス】 5代アウトブリード
−−−−−−−−−−
【父スズカマンボ】
【競走成績】 日で2〜5歳時に19戦4勝。天皇賞・春-G1(芝3200m)、朝日チャレンジC-G3(芝2000m)
【種牡馬実績】 07年より供用。09年の1歳世代が初年度産駒
【ワンポイントウィキペディア1】 2003年にデビュー。オープン特別をレコードタイムで勝利するなど2勝をあげる。皐月賞へ駒を進めるがそこでは17着と大敗。次走京都新聞杯を2着とし収得賞金を増やし出走した東京優駿(日本ダービー)では、5着と健闘する。秋緒戦は初の古馬相手となった朝日チャレンジカップを制したが、その後菊花賞に挑戦するも6着に敗退。そして翌2005年の天皇賞(春)において13番人気の低評価を覆し見事勝利した。
【ワンポイントウィキペディア2】 母の母キーフライヤーはダンシングキイの全妹で、必然的にダンスパートナー、ダンスインザダーク、ダンスインザムードは近親と言うことになる。
【楽天馬の種牡馬寸評】 未知数の新種牡馬ですが、父サンデーサイレンスはもちろん、母系キングマンボ、母父母母父ニジンスキー、母母母父Key to the Mintの累代は、底力に溢れ、非常に魅力的です。競走馬としてよりむしろ種牡馬としての方が成功する可能性を感じさせる血統構成と言えます。
−−−−−−−−−−
【母父サクラユタカオー】
【競走成績】 6勝。
【母父成績】 ロジック(NHKマイルC-G1)、タムロチェリー(阪神ジュベナイルF-Jpn1、小倉2歳S-Jpn3)、ダイタクバートラム(阪神大賞典-G2)、ダイタクリーヴァ(スプリングS-Jpn2)、マイネルレーニア(スワンS-G2)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父サクラユタカオーは、1986年天皇賞(秋)の優勝馬です。
天皇賞で記録した日本レコードタイムなど、3度のレコード優勝を記録しており、2000m前後の距離で活躍した名馬です。種牡馬としても5頭のGI競走優勝馬を輩出するなど、内国産種牡馬の中心的な存在で、代表産駒には、名種牡馬サクラバクシンオーやエアジハード、ダイタクバートラムなどがいます。
日本の芝に向いた非常に軽いスピードを持った産駒を輩出しています。

母母父ミルジョージは、1989年にノーザンテーストから中央・地方合わせてのリーディングサイアーの座を奪い取った名種牡馬で、日本で活躍したネヴァーベンド系の種牡馬の代表と言えるでしょう。
産駒は芝やダート、重馬場を問いませんが、やはりダートコースの方で持ち味を発揮する場合が多かったですね。
全体的にスタミナプラスパワーという印象で、中距離以上で活躍した馬が目立ちます。ナスルーラの3×4のインブリードの影響からか、気性が激しい産駒が多く、それが良い方向に出れば高い能力を発揮しました。やや晩成傾向有り。

母母母父シーホークは、スタミナ豊富なエルバジェ系の種牡馬です。
日本で活躍した産駒では、モンテプリンス、モンテファストという天皇賞(春)のウイナー、そしてウィナーズサークル、アイネスフウジンというダービーを制覇した馬を見てもわかるとおり、完全なスタミナ型種牡馬と言えると思います。

総じて母系は、非常にバランスが良いですね。
ユタカオーからスピード、ミルジョージからパワー、シーホークからスタミナという感じですね。
そして父スズカマンボから決め手とスピードの補強があれば、相当おもしろい血統構成だと言えます。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【厩舎名】 鮫島一歩
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 4 位
勝ち数 41 勝、勝率 13.9% 、連対率 22.8%
【2007成績】 リーディング 14 位
勝ち数 32 勝、勝率 10.9% 、連対率 20.4%
【2008成績】 リーディング 7 位
勝ち数 38 勝、勝率 11.0% 、連対率 18.3%
これまでの主な管理馬 シルクフェイマス、マコトスパルビエロ、レインボーペガサス
【よく使う騎手】 安藤勝騎手、鮫島騎手、川田騎手、三浦皇騎手、吉田隼騎手、中館騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 特にずば抜けて活躍した管理馬はいないのですが、開業2年目で20勝を上げてから、以後8年間20勝を下回ったことは無く、2006年には41勝を上げてリーディング4位となっているほか、2007年、2008年と30勝以上を記録し、高めで安定しています。印象としてはいろいろと工夫しながら、コンスタントに馬を勝たせている感じです。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 2000年、厩舎を開業し、3月4日に管理馬2頭が同じレースで初出走し、5月6日にギャンブルローズが勝利し、延べ21頭目で管理馬が初勝利を挙げた。2002年、11月27日に兵庫ジュニアグランプリをエースインザレースが制し、管理馬が重賞及びダートグレード競走初勝利を挙げた。2004年、1月18日に日経新春杯をシルクフェイマスが制し、管理馬が中央の重賞初勝利を挙げた。7月11日に中央通算100勝を達成した。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:431kg
体高:152cm
胸囲:173cm
管囲:19.7cm
−−−−−−−−−−
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 −
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【歩くリズム】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は意志が強そうです。
馬体はすっきりして、サンデー系牝馬らしい馬体と言えます。
首差しがすっきりして細めでしなやかです。
肩には良い筋肉がついていて、脚もとは繋ぎの角度がよくてクッションも良いですね。
胴回りは無駄肉が少なく、仕上げに手間取らない感じの馬体です。
背中はしっかりして、背腰の筋肉もまあまあついていて、しっかりしています。
トモは、形が良くて、まずまず大きいですね。
すでに良いところに筋肉がついていて、尾離れがよくて、トモに力がありそうです。
脛から飛節にかけて力強く、後肢の置く位置が良いですね。
歩様は、欠点がほとんどなく、馬体サイズは小さいですが430キロあるので問題ないでしょう。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "新種牡馬ということももちろんありますが、他の背景も含めて非常に魅力的な1頭と言えると思います。
唯一の不安要素は母がお産が得意でないこと。
お産が苦手な繁殖=産駒の体質が弱いとは一概に言えませんが、そういうケースって意外と多いですよね。
でも、この仔は馬体の雰囲気から結構丈夫に育ちそうな雰囲気がありますので、大丈夫じゃないかなー。
血統構成は非常にバランスが良く、クラシックディスタンスで活躍できる可能性は十分にあると思います。
馬体はすっきりしていて無駄肉が付かない感じで、それでいて力強さもあります。
特に脾腹のあたりやトモとの境目の感じから胴回りの収縮が良さそうですね。
歩様はこの時期としては非常に安定しており、トレーナーも文句なしです。
これでこの価格は安すぎますね。
クラブも、新種牡馬の中では目立たない方だということで、安めに設定したのではないでしょうか。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 楽天馬 at 18:50 | Comment(2) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。