75.ウルル(タイキナタリーの08)

【馬名】 ウルル
【馬名の由来】 オーストラリアにある一枚岩。父の生産国より連想。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 スニッツェル
【母】 タイキナタリー (母父 コマンダーインチーフ )
【生年月日】 2008年4月22日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1,200 万円(一口価格 3 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 やや余裕のあるシルエットは太めにも映りますが、胸前や背腰についた筋肉を見れば丈夫さの証であることがわかります。豊富な運動量でも減らない体や、負荷に耐えられる脚元は本馬の長所と言え、また気性面でも普段の落ち着きと時折見せるピリッとした部分とのメリハリは、調教を積む中で十分に活きてくるでしょう。一瞬のダッシュ力に長け、昨年募集の姉とは異なったタイプに出ており、スプリント路線で鳴らした父の影響を強く感じざるを得ません。父はこの世代が日本での初年度産駒となり、未知の魅力あふれる楽しみな一頭です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1999 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 15 戦 0 勝
【母の馬場・距離適性】 芝中−長距離
【母のデビュー時期】 2歳11月
【母の引退時期】 2003/9/27 (引退年齢 4 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2005/2/27
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 6 ヶ月
【2006年産までの産駒数】 1 頭
【2006年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔ファンキーテーラー(父アドマイヤコジーン、牡)は、2歳11月デビュー、芝中−長距離、ダート中距離、9戦2勝(現役)、
06年流産。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖ポテンシャルとしては十分で、相手種牡馬との相性次第では相当な活躍馬を出す可能性があるかなりおもしろい繁殖だと思います。ただし、診断ポイントの中には、なかなか見極めが難しい点もあり、それは血統診断、馬体診断で判断ということになりますね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 メイショウサムソン、メジロブライト、エイシンプレストン、ローレルゲレイロ、マグナーテン、スリープレスナイト、フサイチコンコルド、アローキャリーなど多数
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの5×5×5
【牝系の特徴】 母の兄弟にオープン3勝、マイラーズC−GII2着、ダービー卿CT−GIII2着、3着、京王杯スプリングC−GIII3着のタイキブライドル。ターコイズS勝ちのタイキトゥインクル。
−−−−−−−−−−
【父スニッツェル】
【競走成績】 豪にて15戦7勝。MRCオークレイ・プレート−GI、AJCチャレンジS−GI、AJCアップアンドカミングS−GI、STCスカイラインS−GI、VRCニューマーケットH−GI2着、AJC・T.J.スミスS−GI3着、AJCサン・ドメニコS−GIII3着。
【種牡馬実績】 2006年供用開始。
【2008年種牡馬リーディング】 − 位
(勝馬率 − %)※参考 アグネスタキオン 33.0%)
(芝勝率 − %)※参考 アグネスタキオン 10.4%)
(ダート勝率 − %)※参考 アグネスタキオン 10.9%)
【2007年種牡馬リーディング】 − 位
(勝馬率 − %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 − %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 − %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【楽天馬の種牡馬寸評】 "父Redout's Choiceは短−マイルのGTを4勝し、デインヒルの後継種牡馬の筆頭と言われていますが、その後継種牡馬の一番手としてこれまた期待を集めているのがこのスニッツェルですね。
スニッツェル自身はスプリント〜マイル戦でGIを4勝と活躍しましたが、血統的には、母父がスプリント戦で活躍したスニペッツ(14戦9勝、GI3勝)、母母父はノーザンダンサー直仔のストームバード(短距離)、母母母父がインリアリティ(短−中距離)と短距離の適性は疑いないところですが、見てわかるとおり、母系に入っている種牡馬には結構万能適性がある種牡馬が多く、短距離一辺倒でもないように思いますが、やはりこの種牡馬の良さが最も生きるのは短−マイルになるのかもしれません。
相手繁殖には、スタミナの補充はもちろん、出来ることならば日本の馬場に適性の高い血が欲しいところですね。
というのは、デインヒル系自体、これまでの日本での実績を考えれば、決して日本の競馬に適性が高い血統とは言えませんからね。
いずれにしても、日本競馬におけるデインヒル系種牡馬の将来はこのスニッツェルの活躍次第と言っても過言ではなく、もし、このスニッツェルが高い優先遺伝力を示した場合には、デインヒル系種牡馬がさらに輸入される可能性が高くなります。
この世代の産駒に大いに注目しましょう。"
−−−−−−−−−−
【母父コマンダーインチーフ】
【競走成績】 英愛5勝、英ダービー-G1、愛ダービー-G1。
【種牡馬成績】 レギュラーメンバー(JBCクラシック-JPN1)、マイネルコンバット(ジャパンDD-JPN1)、アインブライド(阪神3歳牝馬S-JPN1)、ハギノハイグレイド(東海S-JPN2(2回))
【母父成績】 リトルアマポーラ(エリザベス女王杯-G1、クイーンC-G3)、エリモエクスパイア(天皇賞・春-G1 2着)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父コマンダーインチーフは、イギリスの競走馬で、デビューから2ヶ月でエプソムダービーとアイリッシュダービーを制した名馬です。ヨーロッパで活躍した数少ないダンシングブレーヴ産駒の一頭で、種牡馬入りしてすぐに日本に輸入され、初年度からGIホースを輩出し、97の新種牡馬ランキングで堂々1位に輝いきました。その後も芝・ダート問わず多くの重賞馬を出し、コンスタントに活躍しました。最近は、相手繁殖にも恵まれなくなり、さすがに成績はダウン気味です。
父ダンシングブレーヴは言うに及ばない名馬ですが、母スライトリーデンジャラスも名繁殖で、ウォーニングは半兄にあたりますが、その他の産駒も重賞戦線で活躍しました。産駒は7割がダートで走っていますが、活躍馬は比較的芝に多いです。

母母父ダルシャーンは、その父シャーリーハイツが英・愛ダービーを制したミルリーフ系の名種牡馬で、ダルシャーン自身も現役時代に仏ダービーであのサドラーズウェルズに勝っています。産駒は底力にあふれ大レースに強い大物と全く走らない産駒と極端なのが特徴です。
産駒のBCターフの勝ち馬コタシャーンがジャパンカップでも好走していますが、産駒全体としてはステイヤータイプが多く、日本の高速馬場にはあまり向きません。

母母母父アファームドは米三冠馬で、レイズアネイティヴ系種牡馬です。産駒は芝・ダート兼用で、距離もこなします。種牡馬成績はイマイチですが、BMSとしては非常に優秀で評価が高い種牡馬です。日本でもサイレントハピネスの母父です。

全体的には、底力、スタミナにあふれた血統で、スピード値が不足気味で脚質的にも日本にあまり向かない感じで、相手種牡馬には、日本の高速競馬にあった高いスピード値と馬場適性を要求したいところですが、本馬の父スニッツェルは馬場適性こそ未知数であるものの、スピード自体は日本の競馬で十分にやれそうな気がします。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【厩舎名】 宮本博
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 76 位
勝ち数 17 勝、勝率 7.8% 、連対率 17.4%
【2007成績】 リーディング 31 位
勝ち数 26 勝、勝率 10.3% 、連対率 19.8%
【2008成績】 リーディング 39 位
勝ち数 24 勝、勝率 8.7% 、連対率 20.4%
これまでの主な管理馬 ニシノコンサフォス、ニシノプライド
【よく使う騎手】 川島騎手、浜中騎手、四位騎手、北村騎手、和田竜騎手、池添騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業6年目ですが、上位に定着しつつあるトレーナーのひとりです。あまり活躍馬がいない中で、20勝以上を2年続けています。今年も9月時点で21勝していますので、さらに上位に進出しそうです。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 父が厩務員であったため、京都競馬場で生まれ、栗東トレーニングセンターで育つ。伯父の宮本悳はタニノハローモアで東京優駿(日本ダービー)を制した元騎手で、元調教師である。父の勧めもあり15歳より馬術をはじめ、京都産業大学時代に馬場馬術で関西学生ナンバーワンとなる。全日本学生の代表メンバーとして英国や韓国での対抗試合の経験もある。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:490kg
体高:156.5cm
胸囲:183cm
管囲:20.1cm
−−−−−−−−−−
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 −
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【歩くリズム】 ○
【前肢のブレ】 −
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "気性は結構きつそうに見えますね。
首は太めで、肩にはまずまず良い筋肉がついています。
二の腕が太く、ジョイントもしっかりした感じです。
繋ぎの角度も良くて、クッションも良いですね。
胸も深くて、厚みがあり、心肺能力も高そうです。
胴回りは、なかなか収縮が良さそうで、背腰も比較的しっかりしている感じです。
トモは、容積があって、大腿筋膜あたりは影ができるくらい良い発達を見せています。
尾の周りの筋肉が盛り上がり、トモの力もありそうですね。
脛も飛節も太く力強いです。
歩様にはほとんど欠点がないです。
サイズは500キロ超になりそうで、牝馬ではちょっと大きすぎますので、本来より★をひとつマイナスします。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは高く、血統的に未知数な部分もありますが、非常に興味深い1頭ですね。
馬体は、筋肉質でいかにもパワーがありそうで、この時期としては非常に歩様が安定しているのは好感が持てます。
ダート短距離になりそうですが、馬格があるので、牡馬とも対等にやれそうです。
トレーナーもまずまずで、この価格なら安いと言えます。
自分のステージを見つけてスペシャリストになる素養十分で、丈夫に長く走ってくれて馬主孝行な馬になってくれそうです。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 楽天馬 at 18:53 | Comment(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。