68.ラルゴ(キョウエイフォルテの08)

【馬名】 ラルゴ
【馬名の由来】 「幅広くゆるやかに」の意。テンポを表す速度記号のひとつ。「情緒豊かに」の意も持つ。母名より連想。(音楽用語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 ダンスインザダーク
【母】 キョウエイフォルテ (母父 ノーザンテースト )
【生年月日】 2008年4月6日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 2,800 万円(一口価格 7 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 母の産駒として4頭目のクラブ募集となります。ダンスインザダークが配合されたことにより、兄姉に比べ、パワー志向から、伸びが出て、幅もしっかり持ちながらバランスの良い馬体に仕上がりました。一歩一歩の大きい常歩での動き、放牧地では全身をうまく使った柔軟で活発な走りは、ひと際目をひきます。収牧後の息づかいも良く、本馬のスタミナ面が秀でているのが分かります。何事にも動じない強い精神面もセールスポイントで、馬体、放牧地での走りなどを加味すると、中距離で折り合いをつけ末脚を活かす競馬に適性がありそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 14 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 39 戦 6 勝
【主な勝ち鞍】 貴船S
【母の馬場・距離適性】 ダート短−中距離
【母のデビュー時期】 3歳4月
【母の引退時期】 2000/6/26 (引退年齢 6 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2002/2/17
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 9 ヶ月
【2006年産までの産駒数】 4 頭
【2006年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔キョウエイフォルテの02(父サンデーサイレンス、牡)は、不出走、
二番仔フォルテピアノ(父フレンチデピュティ、牝)は、2歳10月デビュー、ダート短距離、16戦3勝(引退)、
04年流産、
三番仔キャトルマン(父クロフネ、牡)は、3歳8月デビュー、ダートマイル−中距離、7戦0勝、地方5戦2勝(現役)、
四番仔サウンドアクシス(父フレンチデピュティ、牡)は、3歳6月デビュー、ダート短−中距離、4戦0勝(現役)。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "明らかに現役時代39戦は許容をオーバーしていますので、かなりの疲労をしょって繁殖入りした牝馬だといえます。
繁殖入りまでに9ヶ月を空けていますが、これくらい走っていると、間隔を空けて回復するというものではないと思われます。
繁殖牝馬のデータを見ると、現役時代に走りすぎると、母馬の質が低下することが指摘されております。
このデータは母馬の走ったスデージや、走った間隔を無視して、一律にデータを並べているので、個人的にはそのすべてを鵜呑みにすることはできないのですが、ある程度傾向は当たっていると思っています。
そのデータを眺めてみると、特に重賞戦線で活躍した牝馬で、芝の中−長距離を20戦以上した場合には、その産駒に重賞勝ち馬が出る確率はかなり落ちると考えられ、芝よりダート、長距離より短距離の方がよりダメージが少ないと思われます。
また、レース間隔が空いている方が当然良くて、1年の間にまとまった休養があるのももちろん良い方にはたらくと思われますし、特に年齢とともにレース数が少なくなるというのがもっとも理想的だと私は思っています。なかなかそうはいきませんがね(笑)
以上のことより、キョウエイフォルテの産駒は、馬体のチェックが他の繁殖の産駒より余計に必要だと思われます。
この母はサンデー系種牡馬との配合が初仔以来で、初仔は走らなかったので、本馬はその未知なる部分にかける感じですね。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 ディープインバクト、スペシャルウィーク、ナリタブライアン、ダイワメジャー、グラスワンダー、ライスシャワー、タイキシャトルなど多数。
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの4×3、レディアンジェラの5×4、アルマームードの5×5、レイズアネイティヴの5×5
【牝系の特徴】 タフで堅実に走る血統。母の兄弟にマイラーズC−GIIなど7勝のビッグショウリ、最優秀障害馬のビッグテースト。近親に、天皇賞(秋)−GI、マイルCS−GI勝ち馬のカンパニー、アルゼンチン共和国杯−GII勝ちのレニングラード。
−−−−−−−−−−
【父ダンスインザダーク】
【競走成績】 日で2〜3歳時に8戦5勝。96年最優秀3歳牡馬。菊花賞-GT(芝3000m)、弥生賞-GU(芝2000m)、プリンシパルS(芝2200m)、東京優駿-GT2着、きさらぎ賞-GV2着、ラジオたんぱ杯3歳S-GV3着。
【種牡馬実績】 97年より供用。デルタブルース(メルボルンC-GT、菊花賞-GT、ステイヤーズS-GU)、ザッツザプレンティ(菊花賞-GT、ラジオたんぱ杯2歳S-GV)、ツルマルボーイ(安田記念-GT、金鯱賞-GU、中京記念-GV)、ダンスインザモア(スプリングS-GU)、ファストタテヤマ(京都新聞杯-GU、デイリー杯2歳S-GU)、ダイタクバートラム(阪神大賞典-GU、ステイヤーズS-GU、北九州記念-GV)、タガノマイバッハ(産経大阪杯-GU、中京記念-GV)、トーホウアラン(京都新聞杯-GU、中日新聞杯-GV)、ジョリーダンス(阪神牝馬S-GU)、オイワケヒカリ(フローラS-GU)、コンラッド(ラジオたんぱ賞-GV)、マッキーマックス(ダイヤモンドS-GV)、ウイングランツ(ダイヤモンドS-GV)、マルブツトップ(佐賀記念-GV)、インタータイヨウ(兵庫CS-GV)、アズマビヨンド(阪神JS-J・GV)、ヴィーヴァヴォドカ(フラワーC-GIII)、マルカフェニックス(阪神C-GII)
【2008年種牡馬リーディング】 3 位
(勝馬率 26.4 %)※参考 アグネスタキオン 33.0%)
(芝勝率 8.1 %)※参考 アグネスタキオン 10.4%) 985
(ダート勝率 3.7 %)※参考 アグネスタキオン 10.9%) 273
【2007年種牡馬リーディング】 3 位
(勝馬率 27.4 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 9.3 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%) 1081
(ダート勝率 5.9 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%) 322
【ワンポイントウィキペディア1】 引退後は社台スタリオンステーションにて種牡馬として繋養され、不完全燃焼とも言える現役時代の鬱憤を晴らすような好成績を挙げている。代表産駒にデルタブルース(2004年菊花賞、2006年メルボルンカップ)、ツルマルボーイ(2004年安田記念ほか)、ザッツザプレンティ(2003年菊花賞)などがおり、サンデーサイレンスの有力後継種牡馬として期待されている。2004年の全日本種牡馬リーディング2位、2006-07年オセアニア種牡馬リーディング4位の実績がある。
【ワンポイントウィキペディア2】 産駒はダートでの実績には乏しいが、芝の中〜長距離を得意とし、特に3000m以上の距離では良績を残している。また、重馬場や深い芝を得意とするパワータイプの産駒も多い。そのため、近年の芝の高速化やレース体系の短距離化のためか、他の有力種牡馬に比べると、出走頭数や出走回数の割に勝利数や獲得賞金額が伸び悩んでおり、勝ち上がり率も低い傾向がある。逆に、出走回数や出走頭数が多いということは順調にレースに使える産駒が揃っている証拠とも言え、これは大きなセールスポイントである。
【楽天馬の種牡馬寸評】 "血統的には、父サンデーサイレンスは、ヘイルトゥリーズン系の中でも”スピード”、”闘争心”にあふれ”決め手”鋭い種牡馬で、母ダンシングキイは、スタミナ豊富なネイティブダンサー系レイズアネイティブ、リボー系Graustark、ファラモンド系の大種牡馬トムフール(バックパサーの父)らをベースに、スタミナと粘りのあるタフなスピード血統のニジンスキーを父に持つ、非常に完成度の高い血統構成の繁殖です。

ダンスインザダークは、スタミナ十分のステイヤーでありながら体型的には前躯もしっかりとしてスピードも十分兼備しています。このため高速決着の芝の中−長距離レースで強さを発揮できたのだと思います。
ダンスインザダークの配合相手としては、高いスピード値や、瞬発力はもちろん、できれば早熟性を求めたいですね。

というのは、これまでの産駒は比較的デビューが遅く、さらに開花も遅めのため、春のクラシックに間に合わない場合が多いためです。
種牡馬としては、既に確固たる地位を築いていますが、一流と呼ばれるためには、やはり春のクラシックに複数の出走馬を出したいですよね。
もし、春のクラシックに勝つような産駒が登場した場合には、もともと成長力に富み、大成したときには長く安定して芝の中−長距離ステージで活躍するタイプですので、とんでもない名馬が誕生する可能性もまだまだありますね。

そして、牝馬に良績が少ないのは、その能力の開花時期や距離が牝馬の活躍するステージに合わないためだと思われますが、ザレマのように芝の中距離中心に、長くタフに走ってくれる牝馬にあたることももちろんありますので、牝馬も要チェックです。

これまで走っている産駒は、トモに幅というより奥行き(長さ)があって、見映えのする感じで、ストライドが伸びそうな肢が長めの産駒の方がよく走っています。私的には、1歳時に球節の位置くらいが普通の馬の蹄の位置くらいに見えるような脚の長い馬、いわゆる馬格があって見映えがする馬が結構オススメですね。

ここ6年連続リーディング5位以内と安定した成績を残しているのは高く評価できますが、気になる点は、年々重賞勝ちの産駒が少なくなっていることですね。
産駒自体は長く活躍するタイプが多く、最近でもジョリーダンス、マルカフェニックスが重賞勝ちしていますが、あまり目立たないですね。やはり春のクラシックに勝つ産駒が欲しいですね。"
−−−−−−−−−−
【母父ノーザンテースト】
【競走成績】 仏5勝、フォレ賞-G1。本邦チャンピオンサイアー。本邦BMSチャンピオン。
【種牡馬成績】 ダイナガリバー(東京優駿-GT、有馬記念-GT)、アンバーシャダイ(天皇賞・春、有馬記念)、ダイナカール(優駿牝馬-GT)、、アドラーブル(優駿牝馬-GT)、ギャロップダイナ(天皇賞・秋-GT、安田記念-GT)
【母父成績】 ダイワメジャー(天皇賞・秋-G1)、ダイワスカーレット(有馬記念-G1)、エアグルーヴ(天皇賞・秋-G1)、キストゥヘヴン(桜花賞-Jpn1)、ファストフレンド(帝王賞-Jpn1)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ノーザンテーストは、スピード、スタミナ、底力と非常にバランスの良い種牡馬で、BMSとしても非常に優秀な種牡馬です。

母母父クラフティプロスペクターは、ミスプロ系の中にあって、特に高い勝馬率を誇り、堅実に産駒にスピードを遺伝させてきた優秀な種牡馬です。ただし、爆発力には乏しく、おそらく一番活躍した産駒はアグネスデジタルということになるでしょう。

母母母父セクレタリアトは、ビッグレッドと呼ばれた米三冠馬で、ボールドルーラーの代表産駒です。
ボールドルーラー系特有のスピード持続力に優れ、ベルモンドSでは逃げて31馬身の大差をつけてダート12ハロンの世界レコードで勝っています。種牡馬としては競争成績ほどの成績は収められませんでしたが、最近、活躍馬の中にちょこちょことセクレタリアトの血を目にします。私は、このセクレタリアトの並外れたスピード持続力の遺伝子が、競争資質のバックボーンとして、良い効果を上げているのではないかと思っています。

総じて母系の血は非常にバランスが良く、優秀と言えますので、父の資質をじょうずに表現してくれると思います。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【厩舎名】 平田修
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 175 位
勝ち数 7 勝、勝率 6.3% 、連対率 14.3%
【2007成績】 リーディング 37 位
勝ち数 25 勝、勝率 12.6% 、連対率 21.6%
【2008成績】 リーディング 44 位
勝ち数 23 勝、勝率 9.5% 、連対率 19.8%
これまでの主な管理馬 ベッラレイア、ストラタジェム
【よく使う騎手】 武豊騎手、福永騎手、秋山騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 昨年、開業2年目の07年に37位、昨年は44位、そして今年は9月現在で13位と末恐ろしいトレーナーです。今後の活躍が期待される注目のトレーナーの一人です。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 1984年 - 内藤繁春厩舎にて調教助手となる。以後森秀行、橋口弘次郎、石坂正の各厩舎の調教助手を経験する。2005年 - 調教師免許を取得、厩舎開業
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:459kg
体高:156.5cm
胸囲:172.5cm
管囲:21cm
−−−−−−−−−−
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【歩くリズム】 ○
【前肢のブレ】 −
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "かなり性格がきつそうな顔ですね。
首差しは良くて、太さの長さもちょうど良いです。
胸前には立派な筋肉がついていますが、肩はまだこれからという感じです。
二の腕が太くて、パワーが出てきそうです。
脚もとは、しっかりしていて、繋ぎの角度良く、ジョイントもまずまずだと思います。
胴回りは、腹袋が大きく、背腰がしっかりしています。
トモは、ちょっと容積が小さめですが、幅が出てきそうで大腿筋膜の張りもまずまずで、尾離れが良いのが目立ち、力がありそうですね。
脛から飛節もまずまずしっかりした感じです。
歩様は、後肢の動きがイマイチですが、それ以外は問題ないですね。
サイズもちょうど良いですね。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルから、体質面では心配なところがありますが、もともとタフなダート馬だった母ですので、これからも良い仔を出してくれると期待しています。
血統バランスは、非常に良くて、トレーナーもまずまず良いですね。
馬体は、幼さはあるものの、この時期としてはしっかりした背中が印象的です。
気性は相当きついかもしれませんね。
この母の産駒で、牡馬ですから、まずまずの価格ではないでしょうか。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 楽天馬 at 23:06 | Comment(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。