64.アルマニャック(コニャックレディの08)

【馬名】 アルマニャック
【馬名の由来】 フランス南西部の地方名。また、この地方で醸造されるブランデー。勝利の美酒をもたらしてほしいとの願いを込めて。母名より連想。(英語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 クロフネ
【母】 コニャックレディ (母父 Olympio )
【生年月日】 2008年2月13日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 2,200 万円(一口価格 5.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 8歳ながらダートの重賞戦線で活躍中のカフェオリンポスを半兄に、またダートでは圧倒的なパフォーマンスを見せたクロフネを父に持つ本馬はまさにダートの申し子といっても過言ではないでしょう。非常に大柄な馬体でも均整がとれ、窮屈なところが全くありません。放牧地での仲間達と駆け回る姿は実にパワフルで、トビの大きい豪快なフットワークから兄同様ダート中距離適性を感じます。また、夜間放牧等強い負荷をかけた運動の後も疲れを全く見せないことからタフさも兼ね備えており、兄同様の息の長い活躍が期待されます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1995 生まれ、本馬は 13 歳の時の産駒
【母の戦歴】 米4勝
【主な勝ち鞍】 マルガリータブルーダーズカップH
−−−−−−−−−−
【2006年産までの産駒数】 5 頭
【2006年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 3 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔カフェオリンポス(父グランドスラム、牡)は、2歳8月デビュー、ダート短ー中距離、33戦6勝、地方4戦1勝(現役)、ジャパンダートダービー(GI)、
二番仔ガリラニ(父Storm Creek、牝)は、仏1勝、
三番仔ネスノ(父ロイヤルアカデミーII、牡)は、英2勝、
四番仔ゼンバ(父Johannesburg、牝)は、不出走、
五番仔ダイワカウント(父ストラヴィンスキー、牡)は、不出走、
06年は早期流産。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 成績だけを見ると典型的な早期活躍馬輩出型の繁殖で、6歳で産んだ初仔のカフェオリンポスから、成績が上がることなく、繁殖適期を過ぎています。母も祖母も同じような繁殖傾向であることから、この後爆発的な活躍馬が出る可能性はやはり低くなると言わざるを得ないのですが、種牡馬との相性に賭けてみたいですね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ナスルーラ 系
【同系の主な活躍馬】 テイエムオペラオー、ローエングリン、キョウエイマーチ、マチカネタンホイザ、ウイングアロー、コスモバルク、アグネスワールド、テイエムオーシャンなど
【本馬の5代クロス】 ロベルトの5×3
【牝系の特徴】 母の兄弟に米3勝、サンファンカピストワーノ招待H−GI勝ちのアメリク。
−−−−−−−−−−
【父クロフネ】
【競走成績】 日で2〜3歳時に10戦6勝。01年最優秀ダートホース。ジャパンCダート-GT(ダ2100m)、NHKマイルC-GT(芝1600m)、武蔵野S-GV(ダ1600m)、毎日杯-GV(芝2000m)、神戸新聞杯-GU3着、ラジオたんぱ杯3歳S-GV3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。スリープレスナイト(スプリンターズS−GI、CBC賞-GIII、北九州記念−GIII)、フサイチリシャール(朝日杯FS-GT、阪神C-GU、東京スポーツ杯2歳S-GV、萩S、スプリングS-GU2着、共同通信杯-GV2着、皐月賞-GT5着)、ホワイトメロディー(関東オークス-GU)、フラムドパシオン(ヒヤシンスS、UAEダービー-GU3着)、シェルズレイ(ローズS-GU2着、チューリップ賞-GV2着、桜花賞-GT5着)、サザンビューティー(フェアリーS-GV3着)、プラチナローズ(福島2歳S)、オディール(ファンタジーS−GIII)、ブラックシェル(NHKマイルC−GI2着、東京優駿−GI3着)、ユキチャン(関東オークス、白毛馬として世界初の重賞勝利)、ブラボーデイジー(福島牝馬S−GIII、ヴィクトリアマイル-GI2着)
【2008年種牡馬リーディング】 4 位
(勝馬率 38.1 %)※参考 アグネスタキオン 33.0%)
(芝勝率 8.8 %)※参考 アグネスタキオン 10.4%) 363
(ダート勝率 10.7 %)※参考 アグネスタキオン 10.9%) 757
【2007年種牡馬リーディング】 11 位
(勝馬率 35.8 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 4.2 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%) 263
(ダート勝率 11.9 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%) 655
【ワンポイントウィキペディア1】 "ジャパンカップダートでは後続に大差をつけて圧勝した本馬だが、この時記録したタイムは、ダート2100mの世界レコード2分5秒9という破格のものであった。その圧倒的な強さから、レース後には「怪物」と呼ばれている。
また、「日本にはクロフネという名の、白いセクレタリアトがいる」とも言われた。これはクロフネが記録したジャパンカップダートのペースで2400mを走れば、伝説の「セクレタリアトのベルモントステークス」のタイムに迫ると言われたためである。
ダートの日本レコードは本馬が記録したもの以外は、タイムの出やすくなる重馬場や不良馬場で記録されたものが多い。良馬場で上記の様なレコードを叩き出した同馬は規格外と言える。"
【ワンポイントウィキペディア2】 "引退後は社台スタリオンステーションにて種牡馬入り。種牡馬としては初年度の種付け時に性器に異常を起こして種付けを中断するなどのアクシデントがあったが、産駒は早くから地方競馬・中央競馬両方で勝ち上がりを見せており、フサイチリシャールが東京スポーツ杯2歳ステークスでJRA重賞初勝利を挙げ、その後朝日杯フューチュリティステークスにも勝利し、初年度からGI優勝馬を輩出するなど好調な出だしとなった。

父フレンチデピュティ、母ブルーアヴェニューは共に、2001年に日本に輸入された。これは本馬の活躍によるところが大であった。兄弟の主な活躍馬として、全妹のBella Bellucciがアメリカで重賞を2勝している。また、Northern Dancerの父系からなる同馬は一般的にノーザンダンサー系と呼ばれるが、その発展・細分化に伴い、ヴァイスリージェント系と呼ばれることもある。"
【楽天馬の種牡馬寸評】 "クロフネ産駒は、数字を見てわかるとおり、芝よりダートという傾向が年を追う事に強くなっています。これは調教師がその産駒の傾向を捉え始めた結果だと思われますので、今後もその傾向が続くと見られます。
一方で、生産者側も傾向を掴んだ以上は、比較的身体が柔らかい産駒を出す繁殖と組み合わせるなど、芝で走る産駒ももちろん出てくると思いますし、その中から後継種牡馬になるような産駒も時機に表れると思います。
それと芝でダメでもダートで勝ち上がれるというのも産駒の驚異的な勝ち馬率、そして種牡馬クロフネの人気を押し上げている所以で、この傾向はこれからも続くと見られ、今後も芝、ダート兼用の産駒が多く産まれるでしょう。

血統的には、父フレンチデピュティは、デピュティミニスター系で、逃げや追い込み一辺倒の馬が多いなど脚質的には不器用ですが、優れたスピード持続力を強く遺伝し、長い直線が得意な産駒が多いです。
いずれにしても、これだけの高い勝ち上がり率を誇る以上、もともと遺伝力が強いデビュティミニスター系の中でも優性遺伝力が特に優れた種牡馬だと言えます。

また、母父クラシックゴーゴーは、零細血統のフェアウェイ系種牡馬で50戦14勝の中距離馬で、これがこの種牡馬の遺伝力をさらに高めている感じがあります。ちなみにフェアウェイは、ファロスの全兄弟ですね。
また、母系にはノーザンダンサーと4分の3同血のアイスカペイド(マイラー)、典型的なスタミナ型のゲインズボロー系の血や、ヘイルトゥリーズン系の中でも特にスタミナに優れたロベルトなどが入っていて、”スピード”と”切れ”のあるナスルーラのラインブリードを持つなど、非常にバランスが良い血統構成だと思います。
このバランスの良さが、比較的距離レンジが広くとれている理由なんでしょうね。
早い時期にフサイチリシャールに続く大物を出して、日本にこの血統を定着させて欲しいものです。

産駒は、筋肉質で、サンデー系に比べると脚元のクッションや背中が硬めの産駒が多いのですが、強いダート適性が示すとおり、この種牡馬に限っては、その部分はあまりマイナスに働かないようです。
また、クロフネ産駒は、1歳時には日本でこれまで走ったいわゆるパワー優先のダート馬に見られる筋肉ムキムキタイプの馬体ではなく、比較的スレンダーで、無駄な筋肉の無いタイプが走っている感じがあります。
むしろ、1歳時にはちょっと貧弱な感じでも、2歳になってグーンと筋肉がついてくるタイプの方が、傾向としてはよく走っているようです。
ちなみにこの種牡馬の産駒については、多少繋ぎが立っていて、歩様が硬めでも走ってくる場合が多いので、その点は要注意です。確かに繋ぎ立ち気味の方が、ダートでは蹄が鋭角に入ってきてロスが少ないですからね。"
−−−−−−−−−−
【母父オリンピオ】
【競走成績】 米9勝、ハリウッド・ダービー-G1、アメリカン・ダービー-G2、アーカンソー・ダービー-G2。
【種牡馬成績】 オリンピックチャーマー(レイルバードS-G2,エルエンシノS-G2,ディープゴールド(デピュティミニスターH-G3),オリンピアン(プレイ・ザ・キングH-G3)
【母父成績】 カフェオリンポス(ジャパンダートダービー-Jpn1)、ライオンテイマー(シガーマイルH-G1)、カルロタミクス(クリテリウムアンテルナシオナル-G1)、アニュー(トゥルーノースH-G2)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父オリンピオは17戦9勝のナスルーラ系の中距離馬で、BMSの代表産駒は本馬の半兄カフェオリンポス1頭と寂しい成績。

母母父ロベルトは、現役時代は14戦7勝、エプソムダービー−GIに勝ち、伝説の名馬ブリガディアジェラードに唯一土を付けた馬として有名になりました。
種牡馬になって、さらに活躍し、サンシャインフォーエヴァー、ブライアンズタイム、リアルシャダイ、シルヴァーホーク、ダイナフォーマー、レッドランサム、クリスエスなど名競走馬、名種牡馬を多数輩出し、大種牡馬の地位を築きました。
良い競争資質を伝えるのはもちろんですが、特にスタミナ面での資質の遺伝能力が強いのが特徴で、その母父であるナシュアは、ミスタープロスペクターとも同じです。ヘイルトゥリーズン系の中ではスピード資質のヘイローとスタミナ資質のロベルトという印象が私は強いです。

母母母父レイズアネイティヴは、現役時代4戦4勝で、それほど大きなレースを勝っていませんが、種牡馬になって大種牡馬ミスタープロスペクターやアリダーを誕生させました。スピードとスタミナの血のバランスが良い種牡馬で、BMSとしても相当優秀な種牡馬でした。

母父オリンピオがちょっとつや消しになっていますが、全体のバランスは悪くなく、ベースがスタミナという点でも好感が持てます。
父のスピードとパワーがそのまま出る感じがしますので、ダートの中距離でナタのような切れ味を発揮してくれそうです。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【厩舎名】 浅見秀一
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 45 位
勝ち数 23 勝、勝率 8.9% 、連対率 14.7%
【2007成績】 リーディング 27 位
勝ち数 28 勝、勝率 9.1% 、連対率 22.5%
【2008成績】 リーディング 54 位
勝ち数 21 勝、勝率 7.1% 、連対率 15.3%
これまでの主な管理馬 ソングオブウインド、レジネッタ、マンハッタンスカイ、ヤマニンシュクル、メジロブライト
【よく使う騎手】 岩田騎手、福永騎手、武豊騎手、武幸四郎騎手、四位騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ ここ5年くらい60位以内をキープしてきており、12年間で60位を割ったのは2度だけです。4年連続20勝以上で、成績が安定しています。桜花賞をレジネッタで勝ったのは鮮烈。これ以外にもヤマニンシュクル、マンハッタンスカイなどこれまでもクラシック戦線に活躍馬を出しています。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 元調教師の浅見国一は実父。1973年に父の浅見国一厩舎で騎手候補となり、1977年に調教助手となる。長らく父の下で調教助手を務めていたが、1991年に調教師免許を取得し、翌1992年3月に厩舎を開業。1997年に父・浅見国一調教師が定年引退となり、メジロブライトなどの管理馬を引き継いだ。そのメジロブライトが翌1998年の天皇賞(春)を勝ち、G1競走初勝利となった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:512kg
体高:163.5cm
胸囲:185cm
管囲:22cm
−−−−−−−−−−
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 −
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【歩くリズム】 ○
【前肢のブレ】 −
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は冷静で、手がかからなそうに見えます。
首は細めで、胸前や肩にすばらしい筋肉を蓄えていますね。筋肉の付く位置も良いです。
繋ぎの角度良く、球節もまず良い感じです。
胴回りが、強そうで、特に背中はしっかりしていて前後と一体感がありますね。
トモはボリュームも張りもあって、若干が長さがないですが、でも良い感じです。
脛は太めで、飛節も力強いですね。
すでにキ甲が抜け始めていて、成長が早そうです。
歩様には欠点がほとんどないですが、馬体サイズが相当大きいですね。
この時期では大きすぎるのでそこは減点します。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "馬体は、父クロフネの割に柔らかいですが、やはりちょっと大きすぎるかなーという感じです。
繁殖ポテンシャルも含めてちょっとセールスポイントが少ない感じもしますが、意外と欠点もそれほど無くて、堅実にタフに走ってくれそうな素養も随所に見られます。
特に歩様が柔らかい点、性格が良さそうな点は、余計な故障は少ないと思われ、勝ち上がりさえすればたくさん走ってくれて、無事是名馬となってくれそうな感じがあります。
トレーナーはまず良くて、価格はまずまずこんなものではないでしょうか。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 楽天馬 at 23:15 | Comment(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。