61.エカルラート(スカーレットローズの08)

【馬名】 エカルラート
【馬名の由来】 「緋色」の意。母名より連想。(仏語)
【性別】 牝
【毛色】 黒鹿毛
【父】 ハーツクライ
【母】 スカーレットローズ (母父 ノーザンテースト )
【生年月日】 2008年4月11日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【カタログのコメント】 初年度からデキの良さが評判になっている父の産駒ですが、本馬も例に漏れず面構えの良い馬体に成長しました。いかにも皮膚の薄そうな馬体は、無駄肉の少ないシャープなひ腹のラインに、前躯と後躯にはメリハリのある筋肉をまとっており、放牧地での運動量の多さは一目瞭然です。鋭い顔つきから見て取れるようにほど良い悍性の持ち主で、闘争心剥き出しのキャンターを見せるなど、競走馬に必要不可欠な勝負根性をしっかりと備えています。華やかな血統背景に加えて馬体、気性も文句なしとくれば、結果は自ずとついてくると信じています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1987 生まれ、本馬は 21 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 14 戦 2 勝
【母の馬場・距離適性】 芝・ダート短距離
【母のデビュー時期】 2歳12月
【母の引退時期】 1992/1/26 (引退年齢 5 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 1993/3/26
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 3 ヶ月
【2006年産までの産駒数】 9 頭
【2006年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 5 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔クリムゾンハウス(父キャロルハウス、牡)は、3歳6月デビュー、芝・ダート中距離、28戦5勝、14戦0勝(引退)、
二番仔アレックスレッド(父ゴールデンフェザント、せん)は、3歳9月デビュー、芝・ダート短−中距離、8戦0勝(引退)、
三番仔スカーレットレディ(父サンデーサイレンス、牝)は、2歳11月デビュー、ダート短−中距離、16戦1勝(引退)、サカラート、ヴァーミリアンの母、
96年不受胎、
四番仔スギノフォルモーザ(父サンデーサイレンス、牝)は、3歳2月デビュー、芝マイル−長距離、ダート中距離、22戦3勝(引退)、
五番仔ハローサンライズ(父ダンスインザダーク、牝)は、2歳12月デビュー、芝・ダートマイル−中距離、16戦2勝(引退)、ローズS−GII5着、
六番仔ジュリアビコー(父ジェイドロバリー、牝)は、2歳8月デビュー、芝・ダート短−中距離、16戦1勝、地方2戦0勝(引退)、
00年死産、
七番仔ラバグルート(父ダンスインザダーク、牡)は、2歳11月デビュー、芝・ダートマイル−中距離、33戦4勝(引退)、
八番仔スカーレットミカ(父アドマイヤベガ、牝)は、3歳7月デビュー、ダート短距離、2戦0勝、地方7戦0勝(引退)、
03年〜05年不受胎、
九番仔クリムゾンブーケ(父クロフネ、牝)は、3歳4月デビュー、ダート短−中距離、4戦1勝(現役)。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "現役引退から繁殖入りまでの期間が短く、多少無理をしていると思いますが、そもそも年間5,6戦しか使われておらず、しかも間隔が適当に空いていますので、割合傷んでいないと思われます。
しかし、母は既にかなりの高齢ですので、これから活躍馬が出る確率はかなり低くなります。
その点では、慎重に体質をチェックしなければいけません。
また、相手種牡馬にかかわらず産駒の大半が芝・ダート兼用というのはかなり珍しく、もはや、この母の特徴と言って良いでしょう。 "
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 ディープインバクト、スペシャルウィーク、ナリタブライアン、ダイワメジャー、グラスワンダー、ライスシャワー、タイキシャトルなど多数。
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの5×3、レディアンジェラの5×4、アルマームードの5×5
【牝系の特徴】 近親に最優秀ダートホースのヴァーミリアン、東海S−GII勝ちなど9勝のサカラート。母の姉妹に重賞4勝で、ダイワメジャー、ダイワスカーレットの母であるスカーレットブーケ、報知杯四歳牝馬特別−GII勝ちのスカーレットリボンなどがいて、我が国で大いに枝葉を広げている牝系のひとつです。
−−−−−−−−−−
【父ハーツクライ】
【競走成績】 3〜5歳、17戦4勝。海外2戦1勝。有馬記念−GI、ドバイシーマクラシック−GI、京都新聞杯−GII、ジャパンC−GI2着、東京優駿−GI2着、宝塚記念−GI2着、KGVI&QEDS3着。
【種牡馬実績】 2008年が初年度産駒。
【2008年種牡馬リーディング】 − 位
(勝馬率 − %)※参考 アグネスタキオン 33.0%)
(芝勝率 − %)※参考 アグネスタキオン 10.4%)
(ダート勝率 − %)※参考 アグネスタキオン 10.9%)
【2007年種牡馬リーディング】 − 位
(勝馬率 − %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 − %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 − %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 東京優駿(日本ダービー)では直線で大外から追い上げ、3着のハイアーゲームを捕らえるがキングカメハメハのレースレコード勝ちの前に屈し、2着となる。
【ワンポイントウィキペディア2】 4歳時のジャパンカップは、イギリス調教馬のアルカセットがホーリックスの記録を破る2.22.1の日本レコードタイムで制し、ハーツクライは馬群を掻き分けて猛然と追い込んだが、惜しくも勝ち馬と同タイムながら、僅かハナ差3cmの2着に敗れた。着順は日本調教馬最先着であり、また古馬最強を誇っていたゼンノロブロイ(3着)を下し、同馬の成長の証を見せた。
【ワンポイントウィキペディア3】 "2006年の初戦として選んだのは、3月のドバイシーマクラシックであった。事前の同じ橋口厩舎のユートピアとの追い切りでは、馬なりで上がり3ハロン33秒台という破格の時計を出し、本番では有馬記念と同じく、逃げ先行の作戦で、直線ではムチを入れることなくOuija Board(ウィジャボード)ら後続を突き放し2着に4馬身差をつけ勝利した。

同年7月には欧州最高峰の競走の1つ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスへ出走。Hurricane Run(ハリケーンラン)に次ぐ2番人気に支持された。1970年以来の6頭立てという少頭数となり、終始3、4番手を追走して、最後の直線で一度は先頭に立つなど健闘したものの、3着に終わった。レース後、橋口は「イギリスへ来て馬が寂しがっていたのは意外だった。来年は帯同馬を連れて、再び同レースにハーツクライを挑戦させたい」と語った。"
【楽天馬の種牡馬寸評】 "奇しくも現役時代のライバルであるディープインパクトと同じ年に種牡馬入りしたことから、やたらに競馬誌などで比較されている両馬ですが、ハーツクライは、ドバイシーマクラシックやキングジョージなどの国際舞台で活躍したワールドワイドな名馬であり、この馬はこの馬としてちゃんと評価してあげなければならないと思っています。

さて、まずは産駒の馬体ですが、今年各クラブで募集されている産駒を見ると、比較的四肢にしっかり体重が乗っている感じで、馬体バランスは良い方だと思います。肩やトモには結構なボリュームをたくわえていますが、胴回りがゆるめで、成長するにつれて、その辺がどのようになっていくのか興味深いですね。
胴のびは比較的良い感じで、肩の角度を見ていると、中距離からクラシックディスタンスという感じです。
性格は、一見穏やかにも見えますが、調教が始まるとなかなかかん性の強さが出てきそうな目をした馬が多いですね。
サンデー系の中では、ややマンハッタンカフェの産駒に似ている感じではないでしょうか。

血統は、母アイリッシュダンスが現役時代重賞2勝、通算9勝を上げた名牝で、その父は若干器用さには欠けるものの、長い直線での瞬発力と切れならおそらく日本に入ってきた外国産種牡馬でもトップクラスのトニービンです。
さらに母母父はノーザンダンサー系リファールで、タフなスピード持続型の種牡馬です。
母母父のビュパーズは、61戦7勝の短−マイルで活躍した馬で、その父にはドミノ系の遺伝力が強いダブルジェイがいて、アイリッシュダンスの活躍した根拠になった感じがあります。

総じてハーツクライは、タフなスピード持続血統に瞬発力と切れをもったトニービンが配合された母系に対して、さらにスピード値が高く、気性を決め手にかえるサンデーサイレンスが配合され、早いラップを刻んでもなお、直線を向いて、長く切れのある脚を使える非常に血統バランスの良い馬だと言えます。
配合相手としては、日本の高速芝によく合ったスピード持続力のある比較的器用な種牡馬を父にもつ繁殖の方が合いそうですね。
私としては、非ノーザンダンサー系の零細血統や、南米、豪、独、愛など、その地域固有の純粋培養の血がベースに入った繁殖との組み合わせは非常におもしろい感じがしますがどうでしょうか。"
−−−−−−−−−−
【母父ノーザンテースト】
【競走成績】 仏英で20戦5勝。フォレ賞-GT、エクリプス賞-GV、トーマスブライアン賞-GV、ムーランドロンシャン賞-GT2着、英2000ギニー-GT4着、英ダービー-GT5着
【種牡馬成績】 ダイナガリバー(東京優駿-GT、有馬記念-GT)、アンバーシャダイ(天皇賞・春、有馬記念)、ダイナカール(優駿牝馬-GT)、、アドラーブル(優駿牝馬-GT)、ギャロップダイナ(天皇賞・秋-GT、安田記念-GT)
【母父成績】 エアグルーヴ(天皇賞秋−GI、優駿牝馬−GI)、サクラバクシンオー(スプリンターズS−GI 2回)、ダイワメジャー(皐月賞−GI)、バンブービギン(菊花賞−GI)、キストゥヘブン(桜花賞−GI)、デュランダル(マイルCS−GI 2回、スプリンターズS−GI)、アドマイヤコジーン(安田記念−GI、朝日杯3歳S−GI)、レッツゴーターキン(天皇賞秋−GI)、サクラチトセオー、フラワーパーク、サッカーボーイ、アドマイヤマックス、サクラキャンドル、エアメサイア、イブキマイカグラ、テレグノシス、ユートピアなど

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ノーザンテーストは、スピード、スタミナ、底力と非常にバランスの良い種牡馬で、BMSとしても非常に優秀な種牡馬です。

母母父クリムゾンサタンは、ピーターパン(ドミノ〜ヒムヤー)系の傍系の血統ですが、58戦18勝とマイル−中距離を非常にタフに走った競走馬です。

母系はバランス良く、父の血を活かせるタイプであることは間違いないでしょうから、後は新種牡馬ハーツクライのポテンシャル次第といったところでしょうか。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【厩舎名】 平田修
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 175 位
勝ち数 7 勝、勝率 6.3% 、連対率 14.3%
【2007成績】 リーディング 37 位
勝ち数 25 勝、勝率 12.6% 、連対率 21.6%
【2008成績】 リーディング 44 位
勝ち数 23 勝、勝率 9.5% 、連対率 19.8%
これまでの主な管理馬 ベッラレイア、ストラタジェム
【よく使う騎手】 武豊騎手、福永騎手、秋山騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 昨年、開業2年目の07年に37位、昨年は44位、そして今年は9月現在で13位と末恐ろしいトレーナーです。今後の活躍が期待される注目のトレーナーの一人です。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 1984年 - 内藤繁春厩舎にて調教助手となる。以後森秀行、橋口弘次郎、石坂正の各厩舎の調教助手を経験する。2005年 - 調教師免許を取得、厩舎開業
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:414kg
体高:153cm
胸囲:174cm
管囲:19cm
−−−−−−−−−−
(DVD診断)
【後肢のブレ】 −
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【歩くリズム】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "馬体は、一見してコンパクトにまとまった、箱形をしています。
顔はカタログでは鋭いかん性の持ち主ということですが、毅然としていて品がありますね。
首さしは、しっかりしていて、短めです。肩の角度などから距離は短めの感じですが、角度の良い繋ぎなど脚もとを見ていると、マイル前後くらいまで幅広く走りそうですね。
球節も大きめで故障は少ない感じがします。
胴回りがパンとしていて、この時期としては背腰がしっかりした感じがあります。
トモはコンパクトで、まだ発達途上という感じですが、脛から飛節にかけてはしっかりと力強く、後肢の置く位置も良くて、後駆全体に一体感があります。
歩様はすごく良くて、安定していて柔らかいですね。
サイズが小さいのでそこは★ひとつ減点します。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "馬体で見ると欠点が少なく、いかにも良血という感じです。
品の良さもあって、歩様にも欠点が非常に少ないですね。
体質面が問題なければ、十分一発は秘めていると思われますが、母の年齢を考えれば繁殖ポテンシャルは相当落ちていると考えざるを得ず、加えて馬体が小さいことは、その不安をより一層大きくさせます。
ただし、それも確率的な話に過ぎないと言われればそれまでで、新種牡馬ハーツクライが、母系の血統的なバランスの良さや、タフなクリムゾンサタンの血を活かしてくれるようならそんな不安は杞憂に終わる可能性も十分有りですね。
トレーナーはまずまずで、価格も馬体が小さい点からこんなものではないでしょうか。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by 楽天馬 at 23:18 | Comment(0) | 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。